book
[ 1 ]
ラテンアメリカ文学:『絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ』訳者野谷さんに聞く

 ◇マルケスはなぜ権力にひかれるのか--訳者の野谷文昭さんに聞く
 コロンビアのノーベル賞作家ガルシア=マルケスとキューバの革命家カストロ。
ラテンアメリカの伝説的なカリスマ2人は、固い絆(きずな)で結ばれていることで知られる。
立場の違う彼らは、なぜ互いにひかれ合うのか。特に、マルケスはなぜカストロに、そして権力に魅せられるのか。

アンヘル・エステバンさんとステファニー・パニチェリさんの著『絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ』(新潮社・2415円)は
多くの文献や証言をもとに、そうした問いにスリリングに迫った労作だ。訳者の野谷文昭さんに聞いた。【棚部秀行】

 ◇重なった祖父のイメージ
 「今までにはない書です。2人の仲の良さは前から言われていることですが、表面的にしか分かっていなかった。
僕にとって、知りたいけど知りたくない、親の秘密を知ってしまうようなことが書いてあります」

 マルケスの作品は全世界で親しまれ、日本でも文学的な側面は多く語られてきた。
しかし、政治的な発言や態度について論じられることは少なかった。
本書には、彼のキューバ社会主義革命や指導者への傾倒が生々しく描かれている。

 2人は1959年、キューバで初めて接触したとされる。共に30歳過ぎ。マルケスは当時ジャーナリストで、
このころからキューバ革命とカストロへの無条件の支持が始まっている。一方、カストロはこの出会いを覚えていない。

 71年に「パディーリャ事件」と呼ばれる言論弾圧があり、ラテンアメリカのほとんどの知識人がカストロ政権を批判した。
だが、すでに人気作家になっていたマルケスは、政権に忠実であり続けた。彼はインタビューにこう答えている。

 <政治において自分がしなければならないことは、文学でできることよりも大事なのだと思い始めた>
<私は権力に大きな魅力を感じるし、それを隠すつもりもない>

http://mainichi.jp/enta/art/news/20100608dde018040050000c.html

[ 2 ]
>>1
 「マルケスは独特の使命感を持っています。他の社会主義国を見たうえで、キューバは成功事例と判断している。
理想の社会主義像を持ち、その点でカストロにひかれていくわけです。
批判されても、革命を推進する役にならざるを得なかったのではないでしょうか」

 77年、カストロはマルケスの滞在するホテルを訪ねて、2人は意気投合したという。話題は海産物料理だった。
カストロは次第にマルケスを親友と見なすようになる。82年にマルケスがノーベル文学賞を受賞し、
2人の友情は決定的になった。マルケスはカストロ公認のキューバの“外交官”になる。

 「権力者になりたいというより、権力に魅力を感じている。マルケスは祖父の影響が大きくて、
戦争の話をよく聞かされて育ちました。
偉大な軍人のイメージを持っていた。祖父の死後、そのイメージがカストロと重なったのではないか、と本書は指摘しています」

 著者のエステバンさんは63年生まれ、パニチェリさんは78年生まれ。ともに文学研究者だ。
「言葉遊びや文学的修辞を駆使していることが特徴です。いわゆるジャーナリストによるノンフィクションではなくて、文学的にも楽しめる。
言葉が豊かで、言葉の力がすごいですよ。2人はマルケス文学が好きで、批判の裏にある愛情も伝わってきます」

 野谷さんはマルケスの『予告された殺人の記録』をはじめ、バルガス=リョサやプイグらラテンアメリカ文学を代表する
作家たちの作品を数多く翻訳してきた。また、71年に初めてキューバを訪れたときには、40代のカストロにインタビューしている。

 「これまでの経験が役に立ちました。カストロだったらこういう言い方をするだろうとか、記者をけむに巻くときのマルケスはどうかとか、
あくまでも原文に忠実に、どの言葉を使うか。字面以上の裏の意味も分かるように訳しました」

[ 7 ]
>>1
 マルケスは自伝を執筆中で、第1巻はすでに邦訳も刊行された。今後はカストロとの関係に触れる時期に入る。
マルケスは<私が最も賞賛する美徳は、死ぬまで秘密を守り通す力だ>と話している。
このあと、『絆と権力』の著者たちは<彼のカストロに対する忠誠は死ぬまで続くだろう>と続ける。

 「ファンはショックを受けるかもしれませんが、マルケスの読者にはぜひ読んでほしい。
ある程度、作品を読み込んでいれば、なるほどと思います」

[ 3 ]
長すぎるだろ、読むのに百年かかるわ。

[ 4 ]
もっと本読めば山ほど見つかるよ^^

[ 6 ]
読みづらいのは序盤~前1/3位までで
中~後半は文体が変わったみたいに読みやすくなるよ
あきらめないで頑張れ

[ 8 ]
ラテンアメリカ文学とかクレオール文学とか読んでるとなんか通ぶれそうでいいね

[ 10 ]
読んだが…そこまで面白いかな?
南も含めてアメリカ文学はようわからん

[ 11 ]
レ・ミゼラブル程読み返した小説はない

[ 16 ]
>>11
面白いんだけど
ナポレオンの戦いがどうだの
フランスの町はこうだの
所々どうでもいい話題になって
しかもそれが結構なページ数続くんで萎える

誰かダイジェスト版作ってくれねえかな

[ 12 ]
焼酎じゃないのか
あれは美味い

[ 13 ]
ラテンアメリカ文学とかマジックリアリスムとかが未だに文学の流行最先端なの?
最近の流行りは?

[ 15 ]
全体的にすげえドライでクールで、なおかつ鳥肌立つような展開がある小説教えておくれ
村上龍くらいしか知らんのよ

[ 20 ]
>>15
バラードは?

[ 26 ]
>>20
J.G.バラードって人のこと?
「主人公が主体的な判断をしようとしない」っていいな

[ 55 ]
>>15
村上龍が好きな俺は阿部和重も好きだ。

[ 17 ]
高校生くらいのときに読んだけど
でっけぇにたくさん刺青入ってたってとこしかおぼえてない

[ 18 ]
ユリシーズを超える小説とか古今東西存在するの?

[ 19 ]
戦争と平和のほうが面白いじゃん

[ 28 ]
新潮はさっさと文庫落ちさせろ

[ 32 ]
>>28
あのボリュームで文庫に落とすと、多分1800円ぐらいの値段になると思うよ。
あまり売れない海外小説は値段が高くなる傾向があるし。

[ 35 ]
>>32
今時もう文庫は安くも何ともないもんなw
判が小さいだけ

[ 29 ]
は?フーコーの振り子の方が面白いし

[ 30 ]
戦争と平和は何度も読み返してる

[ 31 ]
半分読んで挫折したわ

[ 33 ]
マルケスはなかなか文庫で出ないな
『愛その他の悪霊について』とか文庫で読みたいのに

[ 36 ]
トリストラム・シャンディおもしろいなう

[ 40 ]
>>36
主人公が出てくるまで長いんだっけ?

ファンルルフォのペドロパラモは目眩がするほど衝撃だったな

[ 37 ]
カート・ヴォネガット最強

[ 38 ]
一番好きな本はモンテクリスト伯だわ

[ 39 ]
新潮は明らかに文庫化する気ねーだろ

[ 41 ]
ヴォネガットなんて恥ずかしすぎて書店で買えないしつまらない

[ 43 ]
実写だろうがアニメだろうが映像化が困難な作品である事は間違いないな

[ 45 ]
系図書きながら読んだな
小説としてはどうなんだろう
夏目の方がすごいとおもた