eiga_kantoku
[ 1 ]
映画『大怪獣のあとしまつ』プロデューサーを直撃「予想以上に伝わりませんでした」
https://news.yahoo.co.jp/articles/cdf2c10fd34a09bbe54420e55958079376e8e026

[ 2 ]
――公開初日からの観客の反応は予想していたのでしょうか?

【中居P】
予想外でした。
正体を明かせないアラタ(山田涼介)が、怪獣の死体処理を託されたことをきっかけに、元恋人のユキノ(土屋太鳳)とともに雨音(濱田岳)の妨害を押し切り、人間のまま『あとしまつ』できるのか!? この三角関係に関して反応を期待していました。
ところが、特撮部分やギャグ要素に反応が偏っている印象を受け、伝えたかった三角関係の部分が伝わっておらず、そこが予想外でした。

【須藤P】
ラストの巨大ヒーローが全てを解決するというオチ、これは結局、「神風が吹かないと解決しない」という、ごく単純な政治風刺なのですが、これがほとんど通じておらず驚きました。
本作の風刺的な要素に関しては、新聞世代(昭和世代)には概ね理解されて楽しんでもらえたようなのですが、特に、若い人々に伝わっていない事が発見でした。

[ 107 ]
>>2
あっさりネタバレしてるけどええのん

[ 110 ]
>>107
もう公開してだいぶ経つからいいんやろ

[ 163 ]
>>2
映画に神風は吹かなかったね(ガッカリ

[ 217 ]
>>2
おっさん世代でもわかってないやろ

[ 487 ]
>>2
コイツらマジでくっそダサいな
伝わらないなら演出レベルがクソってことや

[ 3 ]
物議を醸したのラストシーンだけじゃないって

[ 4 ]
日本ってなんでこう視聴者の判断に任せる作品が多いんやろな
オリンピックもそうだったけど
普通は作品側から視聴者に訴えかけるべきなのに

[ 5 ]
神風が起こらないと解決しないという風刺

は?何が言いたかったの?

[ 6 ]
――事前の宣伝から予想した内容と実際がここまで違う映画ってある?という意見もありますが。

【中居P】
製作当初から、(1)「風刺的な政治シミュレーション」と、(2)「コメディ要素」この2つが肝となる映画だと考えていました。
宣伝展開に置いてもこの2点を全面に出していくことでそれぞれのファンの方に向けて、訴求を図ったのですが、(1)の要素がお客様に強く印象に残ったこともあり、公開初日から(1)を期待した方が劇場にお越しいただいたかと思います。
結果、(2)の要素があることで、「思っていたものと違う」という印象を持たせたと考えています。

【須藤P】
予想をはるかに越えて『シン・ゴジラ』の真面目な後日譚的なものを期待してくださったお客様が多かった印象を受けました。
ただ、本作は「時効警察」の三木聡監督作品、さらに、タイトルが平仮名で「あとしまつ」と表記していたり、大怪獣<希望>が片足を上げてユーモアな死に際になっているあたりから、完全にシリアスな作品ではなくコメディ要素もあることが観客に伝わると考えていましたが、これまた予想以上に伝わりませんでした。

[ 7 ]
作品「頼む!!察してくれええええ!!!!」

アホかな 普通察せるように作るんやけどな

[ 8 ]
政治風刺なのはわかってるけどそれの何がおもろいねん

[ 9 ]
観客が悪いってことにするの楽な仕事そうで好き

[ 10 ]
――観客の期待に応える、期待を超える作品づくりは簡単ではないと思いますが、映画人として今作から学んだことは?

【中居P】
伝えることの難しさを痛感しております。
これは宣伝方法のことではなく、本編を観たお客さんの第一印象として「伝わっていなかった」という意味です。

【須藤P】
「学ぶ」という段階まで、今回の事象?についてはまだ考えがまとまっておりません。
ただ、この間ずっと頭にあったのは、大瀧詠一なら「シャレだよ、シャレ」と言ってくれただろうなと。

[ 11 ]
見る側のせいにしたら終わりやで

[ 12 ]
やっぱ才能ないなこの業界におるやつ

[ 13 ]
悔しかったんやろな…

[ 14 ]
――最後に、これだけは伝えたい!ということがあればお願いします。

【須藤P】
かのヒッチコック監督が、演出に対する不満をぶつけてくるイングリット・バーグマンに言った言葉が好きです。
「たかが映画じゃないか」。
本作に対する真の評価はこれからだと考えております。公開時の騒動で我々が仕掛けた多くの要素が見落とされたままだからです。
しかし、それについて語るのは野暮というもの。今後、劇場なり配信なり、本作を目にした方々が、それぞれに発見して楽しんでいただければと思います。
十年後、あのコロナの時代に、いい大人がこんなにフザけた映画を真剣に作っていたんだ、という事が、日本映画の矜恃として語られるかもしれませんから(笑)。

[ 27 ]
>>14
いい大人がこんなにふざけた映画を真剣に作っていた
のくだりはマリグナントで感じた
おもろかったでぇマリグナント

[ 436 ]
>>27
あれ傑作だったよな
やっぱジェームズワンすごいね

[ 213 ]
>>14
たかが映画は売れた監督が言えばかっこいいんよ

[ 267 ]
>>213
ほんこれ
ヒッチコックが言えばカッコいいけど、怪獣のあとしまつ作ったやつが言ってもクソダサいだけ

[ 15 ]
大衆に伝わってないなら駄作では?

[ 17 ]
意図が伝わったら面白い
設定が全て解き明かされたら面白い

↑こういう勘違いしてるアホはなんなんやろな

[ 28 ]
>>17
面白いから全てが分かったら楽しめるのにな
伏線も謎も全てスパイスでしかない
まずは脳死で見て楽しめるか 作品ってのはそこからやと思うわ

[ 40 ]
>>28
そもそも語りたいテーマに深みも新鮮さも斬新さもないのに
読解力のせいにされても困るわ
風刺したからなんやねん

[ 18 ]
このテーマで人間関係に注目して欲しかったん?それはそちら側のプロモーションミスやろ受けてのせいにしてたら世話ないで

[ 19 ]
日本の実写作品の悪いところを凝縮した点は凄い

[ 20 ]
なんだ客が馬鹿だっただけか

[ 21 ]
三角関係を伝えたいってテーマ薄っぺらすぎんか

引用元: ・【悲報】『大怪獣のあとしまつ』プロデューサー「駄作じゃない。ゆとりの読解力がないだけ」